お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 「スクミリンゴガイ対策」は大成功! 収量580kg超で移植を上回る結果に!

「スクミリンゴガイ対策」は大成功! 収量580kg超で移植を上回る結果に!

  • 熊本市東区画図町 / 出田 明人さま
  • 水稲5ha(鉄コ直播30a)・大豆5ha・小麦11ha
  • 収穫
  • 熊本県
  • 出田明人さま
  • 2017/10/21

10月12日、待望の収穫を迎えた出田さまの鉄コーティング直播圃場は、稲の黄金色が眩しく輝いていました。今年は徹底した「スクミリンゴガイ対策」の成果でスクミリンゴガイの食害にも遭わなかった結果、PFコンバインでの測定ベースで580kgで、移植を上回る収量となりました。また今回の収穫作業は、全国農業システム化研究会の現地実証調査となっていることから、関係者を集めて現地検討会が実施されました。

kumamoto01_t2

kumamoto07_p1

3年目で満足できる結果に!
これで安心して地域の農家に勧めることができます

今年の鉄コーティング直播栽培は、移植栽培よりも稲の仕上がりが良いです。移植栽培の圃場は籾枯細菌病が多発生したので、いつもより収量が少なかったのですが、鉄コーティング直播栽培の圃場は、移植栽培より出穂期が5日遅れたこともあり、籾枯細菌病の発生はほとんどありませんでした。そこが仕上がりに差が出たのかもしれません。

まだまだ改善するところはありますが、3年目で結果が出せて満足です。特に今年行ったスクミリンゴガイ対策は「これなら行ける!」と感じました。これで安心して地域の方に鉄コーティング直播を勧めることができます。

kumamoto07_p2

kumamoto07_p3

kumamoto07_t1

kumamoto07_p10

鉄コーティング直播は、規模拡大に取り組む方に有効な技術です

この地域は麦の収穫後にすぐ田植えの準備をしないと間に合いません。その点鉄コーティング直播だと育苗作業を省けるのでいいですね。苗運びもしなくてもいいので、労力的にも助かります。

やればやるほどコツが分かってきて、今年は今までで一番良い結果ですね。現在の面積では作業に余力があるので、今のうちに鉄コーティング直播の実証を重ねて栽培技術として確立できれば、後々の展開に繋がると考えています。最終的に省力化が図れて、収量が安定すれば、規模拡大の際、有効な技術のひとつになると思います。

kumamoto06_t2

kumamoto07_p4

3年の実証で手応えを感じました!

今年の鉄コーティング直播の実証は大成功だと感じています。生育初期の頃はスクミリンゴガイの食害に遭っていないかという心配から毎日圃場に通い、写真を撮って生育の変化を確認するなど、調査にかなりの時間を要しましたが、とても良い結果が得られて満足しています。

作付面積が大きくなると、移植だけでは厳しくなっていきます。そういった農家の方から相談があった際に、各農家に見合った技術の提案をすることが私達の役目です。この3年間の実証を経て鉄コーティング直播は、規模拡大を図る農家の方に自信を持って提供できる技術として確立できたと感じています。

 kumamoto07_p6     kumamoto07_p11

 

aomori01_t1

㈱クボタ アグリソリューション推進部
泉 恵市 技術顧問
kumamoto07_p5

収量・品質共に非常に良く、スクミリンゴガイ対策の確立により
自信を持って提案ができます!

前回、収穫前に行った生育調査から収量への期待値は高かったのですが、実際収穫を行なうと収量・品質共に移植を大きく上回る成績です。PFコンバインで計測した暫定的な収量だと10a当り580kg、たんぱく含有率についても6.5%で、西南暖地で理想とする含有率6〜6.5%の範囲内に収まっており、見た目も移植と比べると熟色が非常に良く仕上がっています。

収量が良かった要因として、気象条件に恵まれたことや、出田さまにこまめな管理をして頂いたということがあります。スクミリンゴガイ対策として、「額縁明きょ施工」・「ツインこまきによる防除剤の播種同時散布」・「額縁明きょにスクミリンゴガイを集めてのスポット処理」、生育調整や水管理を容易に行うための「溝切り」等の技術を組み立て、提案したとおりに行って頂けたことで、技術が間違っていなかったと感じることができました。

今年、西南暖地で鉄コーティング直播を実証して一番の課題であった、「スクミリンゴガイによる食害」を体系的に解決できる技術の確立ができました。今まで鉄コーティング直播に取り組みたいが、スクミリンゴガイの食害を懸念して手を出せなかった方がたくさんおられます。そういった方に、具体的なデータを提示しながら自信を持って提案できる技術と考えています。

kumamoto07_p9

kumamoto07_p8

  • 収穫
  • 熊本県
  • 出田明人さま
  • 2017/10/21
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ

ページトップ