操作性向上

ワンレバー

G1シリーズ(1984年)
3本のレバーで行っていた左右の方向調整と刈高調節が、1本のレバーに集約。
操作が飛躍的に簡単になり作業にゆとりが生まれました。