クボタ農業用マルチローター MG-1K

作業の軽労化、高効率化、安全へのニーズに対応。


農業向けの専用設計

最適化した機体

IP43の防塵性、防水性を備え、農薬散布という過酷な作業環境に対応します。さらに、機体を効果的に冷却する構造で、モーターとESC※の寿命を長持ちさせることができます。
※ESC(Electronic Speed Controller):モーターの回転を制御する電子部品

10Lの大容量タンク

薬剤注入口はタンクの横にあり、注入口が大きいので注入が簡単に行えます。一度のフライトで最大1haの面積を散布できます。
※作業環境や条件により、散布可能な面積は変わります。

信頼の飛行性能

A3フライトコントローラー

タンク内の液体が揺れ動いた場合でも、安定した飛行が可能。また、2つの気圧計と2つのコンパスを装備。安全性と信頼性を確保します。

レーダー認識機能(M+モード時)

高精度な3つのミリ波レーダーを搭載することで、より正確な高度維持が可能。作物から一定の距離を保つことで、圃場の起伏に関わらず、均一な散布が可能です。

高い利便性

送信機

明るく見やすい5.5インチの液晶モニターを採用。モニター上に飛行経路、高度、速度、散布量、バッテリ残量等の作業情報がリアルタイムで表示され、作業履歴も確認できます。

バッテリ

最大22分間※のホバリングが可能。また、バッテリレベルインジケータが付いており、バッテリ残量や寿命の確認が簡単に行えます。

フレームアーム折りたたみ機構

工具なしで簡単にフレームアームが折りたため、コンパクトに収納できるので運搬がラクです。高強度カーボンファイバーでできた機体フレームは、軽量ながら耐久性に優れています。



散布作業について

  • 散布時はオペレーター(操縦者)の他に、ナビゲーター(補助者)を配置してください。
  • 枕地散布(下図の黄色部分)を行い、機体と適切な距離を保ってください。
  • マニュアルを守り、安全に作業してください。

散布飛行基準(例:水稲病害虫防除の場合)
飛行高度:作物上2m
飛行速度:15〜20㎞/h
散布幅:4m
風速:3m/秒以下

オペレーター技能認定証取得について

農業用マルチローターで作業を行うには、(社)農林水産航空協会より、指定を受けた教習施設で教習を受講し、「産業用マルチローターオペレーター技能認定証」を取得する必要があります。詳しくは、お近くの販売店までお問合せください。
※教習や機体の登録には、別途費用が掛かります。

定期点検(年1回)

(社)農林水産航空協会が認定した整備事業所で、年1回の定期点検が定められています。(有料)

当サイト内に掲載されている製品についてのご注意事項です。

  • 主要諸元/オプション PDF
  • カタログ
  •