緻密な自動制御

多様な圃場条件に合わせて、作業機を精密にコントロール。

ECU統合制御

エンジン、変速、油圧制御、旋回、モニター、操作系を高速ネットワーク(CAN通信)で結び統合制御。走行、作業時の車速、作業負荷など多様な情報を最適に管理・制御し、高精度で高能率な作業を実現します。

プラウイングモンロー

作業機の水平または任意の角度を自動的に保持できます。高速耕うんや広幅ハローで高精度な作業ができ、畑の等高線作業、プラウの口開けもラクにできます。

傾斜地モンロー

傾斜に合わせた作業機の角度制御で、等高線作業がスムーズにできます。

マイコンドラフト

プラウなどの重負荷作業時に、けん引を一定に保つ、ロアーリンク感知のドラフトシステム。スリップによるロスを減らし、効率良く作業できます。

ニューミックスコントロール

設定した作業機の耕深位置を、けん引負荷の変化により補正。凹凸のある圃場でも耕深によるうねりを少なくでき、後作業がラクに行えます。

フローティング制御付ポンパ

作業機の上げ下げは手元のボタン操作。下げボタンを押し続けると作業機はフローティング状態(フリー)になり、ボタンから手を離すとドラフト制御に復帰。プラウ作業で、すき始めの枕地を少なくできます。

スリップ4WD・スリップドラフト制御(別売りのGPSスリップ制御キット装着時)

GPSによる位置情報をもとにスリップ率を検出し、「2WD⇔4WD」の切換えや耕深制御(3点リンクの上げ下げ)を自動で行います。省エネ・省力作業に貢献します。

  • 1
  • 2