PTO・油圧システム

大型インプルメントに余裕で対応、
力強いPTO回転力と油圧揚力。

2段(540/1000rpm)切換えPTO

畑作、酪農の様々なインプルメントに合わせてPTO回転数が選択できます。

PTO作業を、より高馬力で

PTO540、1000回転時のエンジン回転数を、高馬力が得られる2400回転に設定。

2250kgfの油圧揚力

別売オプションの「アシストシリンダキット」装着で、最大3300kgfの油圧揚力を発揮し、大型インプルメントも余裕をもって持ち上げられます。

最大3連+フロートコントロール(流量調整)バルブ装着可能

補助コントロールバルブ

単複切換えバルブを2連標準装備。多系統を必要とする大型インプルメントには最大3連+フロートコントロール(流量調整)バルブが装着可能です。

2WD/4WDワンタッチ切換え

2WD/4WD切換えが、走行中でもスイッチ1つで行えます。

前・後輪デフロック

重負荷作業時に優れた直進性、けん引力を発揮。スリップによる圃場の荒れを抑えます。

専用グレイタスローダ

コストパフォーマンスに優れた
専用グレイタスローダ。

1500kgfの持ち上げ力

大きな油圧パワーと優れた車体バランスを持つM1060Wの専用ローダ。本機とのベストマッチングにより、扱いやすく操作が容易。強大な持ち上げ力、掘削力を発揮します。

ワイドな前方視界を確保

サイドフレームや平行リンクのない「フレームレス」によりワイドでクリアな視界です。運転席から前輪周りまで確認できる見通しのよさで、精度の高いローダ作業が行えます。

オプション(別売)

● 油圧一連ハイレックキット
● 二連目ハイレックキット
  ロールグラブなど外部油圧が必要なアタッチメントが使用できます。
● 油圧アタッチピンキット
  油圧シリンダにより、アタッチピンの抜き差しがトラクタに乗ったまま容易に行えます。
● プロテクタ
  ボンネット前方に装着することで、ローダ作業時のボンネット傷つきを防げます。

アームの離脱が簡単

インジケータのマーカーとシリンダのマーカーの位置を合わせることにより、スクイ・ダンプの操作だけで迅速にローダの離脱が行えます。

複動⇔フロートの切換えが簡単

複動とフロートの切換えがトラクタに乗ったまま、キャビン内で行えます。

●複動油圧:掘削・積荷の押さえ込み・ヌカルミ脱出など
●フロート:集草など

グレイタスローダ操作レバー

右側コンソールに、ローダ操作レバーの取り付け部を設置。操作性の向上と足元スペースの居住性を確保します。

インプルメント

※作業に応じてウエイト(別売)の装着が必要です。

ツインレーキ タカキタ

ロールべーラ IHIスター

ジャイロレーキ IHIスター

ロールべーラ ビコンジャパン

ロールべーラ タカキタ

モアコンディショナー ビコンジャパン

ラッピングマシン ビコンジャパン

マニアスプレッダ タカキタ

スピードカルチ 松山

トップロータリ ササキコーポレーション

マニアスプレッダ IHIスター

ブロードキャスタ ササキコーポレーション

ブームスプレーヤ 丸山製作所

スタブルカルチ ビコンジャパン

バキュームカー IHIスター